スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕間【まくあい=休憩時間】


 幕間の楽しみといえばお買い物!けも座では毎回、楽しいお土産をご紹介してまいります。
 けも座のお土産として特に人気があるのは「おやつ」と「歌舞伎グッズ」です。




続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

矢の根【やのね】

★ダイレクト移動★
*イラストやゲーム画面で楽しくわかる!
 →主要キャラクター
 →あらすじ


◆初演データ◆

 ◎村瀬源三郎
 ◎享保十四(1729)年正月、江戸中村座
 *『扇恵方曽我(すえひろえほうそが)』の一場面を抜き出したもの。
 **享保五年正月、江戸森田座『楪根元曽我(ゆずりはこんげんそが)』の中で演じられたのが最初という説もあり。




◆解説◆

歌舞伎のために書き下ろされた《純歌舞伎》。

 『矢の根』は、神田にある佐柄木(さえぎ)弥太郎という幕府御用の研物師の家で正月に行われていた矢の根研ぎの儀式(大どてらに縄だすきをし、炬燵やぐらに腰をかけて大きな矢を研ぐ真似をするというもの)を面白がった二代目市川團十郎(1688~1758)が、当時人気の高かった曽我兄弟の芝居に当て込んだ作品といわれます。

 歌舞伎の題材として人気の高い曽我兄弟は、幼くして亡くした父親の仇討ちに一生を捧げた鎌倉時代の若者で、思慮深く落ち着いた長男の十郎と気性の激しい次男・五郎のでこぼこコンビ(実は三男もいます)が協力して見事に仇を討つ、という解りやすさが仇討ち好きの江戸庶民にもてはやされたようです。
 『矢の根』の五郎は元服前の少年ですから、荒々しさと稚気が特徴の江戸前スタイル《荒事》と非常に相性が良く、團十郎の狙いは成功したといえましょう。



 おおらかな遊び心も《荒事》の特徴に挙げられますが、この作品ではこじつけのような言葉遊びが多用されていて、特に前半はそれだけで構成されているといってもいいくらいです。 

 正月の芝居らしくおせち料理を洒落のめした後で七福神の悪口を並べ立てるのですが、これも《荒事》の芸風のひとつで〈悪態〉という一種の邪気払いです。
 その時に〈大薩摩〉というBGM兼ナレーション担当の演奏者が五郎と掛け合い(問答)を繰り広げます。
 これは小説の登場人物が地の文と会話を交わすようなもので、とても特殊な演出です。
 しかもそれが終わると今度はその大薩摩の演奏者がそのまま舞台に降りて、五郎を"演じている役者のもとへ"年始の挨拶へ出向くというのだから驚かされます。(※残念ながら現在では挨拶に来る大薩摩を役者が演じるので面白みは半減しています)



 こういうノリは下手をすると観てる側が現実に引き戻されて鼻白むだけになってしまうのですが、その点『矢の根』は上手く扱っており嫌味がありません。
 言葉の意味がすべて理解できた江戸の見物客が、今よりずっと狭い芝居小屋でこの掛け合いを見る面白さというのは想像以上だったのではないでしょうか。


 後半になると今度は《荒事》の特徴的な動きが次々と披露されます。
 〈見得〉と呼ばれる決めポーズや、型を重視した独特の〈立ち回り〉など、基本を押さえた見本市のよう。


 このように『矢の根』は長い年月をかけて洗練されたおかげで、短く単純な小品でありながら江戸前の歌舞伎スタイル《荒事》の特徴を詰め込んだ贅沢な演目なのです。




続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

第一回けも座公演 こけら落とし四月小(コ)歌舞伎

1.矢の根
2.一條大蔵譚(鬼一法眼三略巻)
3.廓文章


ようこそ、けも座へ!
 記念すべき第一回公演ということで、おめでたい演目を並べてみました。
 季節がバラバラですが最近は本家の大歌舞伎も季節感がないようなので、気にせずにいきましょう!

 幕開きの『矢の根』は、力強さをコミカルな様式で表現する江戸前スタイル《荒事》のひとつ。
 歌舞伎では定番キャラの《曽我五郎》という江戸時代のヒーローが主役の短い演目で、いかにも歌舞伎!といった楽しい雰囲気が味わえます。


 続く『一條大蔵譚』は『鬼一法眼三略巻【きいちほうげんさんりゃくのまき】』という作品から一場面だけを抜き出した演目ですが、もともと物語の中で浮いている部分だったので前後を知らなくてもあまり困らないようになっています。
 『鬼一法眼三略巻』は《曽我五郎》と同じく歌舞伎では定番の《源平もの》で、牛若丸こと源義経と武蔵坊弁慶の出会いを描いていますが、『一條大蔵譚』では二人とも登場しません。
 代わりにバカ殿みたいなふざけた男が活躍します。
 解りにくい要素があるので初めての観劇には向かないのですが、歌舞伎らしさが詰まった演目なので選びました。


 幕引きの『廓文章』は上方(京阪)産の歌舞伎スタイル《和事》の代表作。年末の大坂(昔は字が違った)が舞台のラブコメです。
 《和事》は荒々しい江戸の《荒事》とは反対にやわらかい雰囲気が特徴で、「なよなよした細っこい男が周りの人に迷惑をかけながら恋をする」という話が多いのですが、やわらかいといわれる芸のわりに現実的で悲惨な結末が多いのも特徴のひとつです。
 その点、この『廓文章』は珍しく単純明快でメルヘンチックと言っても過言ではない程のご都合主義。
 「とりあえずハッピーエンド」という一見投げやりに見える態度でも、磨き上げれば楽しめるということが確認できる華やかで可愛らしい演目です。


*それぞれの詳細な攻略は各演目名をクリックして移動してください。


 以上おめでたい三演目で、けも座のこけら落としを飾りたいと思います。
*けも座はこれから数ヶ月に一度、このような形で三作品ずつ歌舞伎の演目を紹介していく予定ですので、是非とも気が向いたときにお立ち寄りください!

平成廿三年四月吉日  けも座座元 けものはし

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

けものはし

Author:けものはし
歌舞伎の新しい楽しみ方を模索するブログ
ただいま公開中!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。