スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤娘【ふじむすめ】


★歌詞カード★
←左のCD帯をクリックすると歌詞カードが見られます。
 *『藤娘』の歌詞には題材の「大津絵」にちなんで「近江八景」がよみ込まれています。それらをまとめた地図はこちらをクリック!




◆初演データ◆

 ◎勝井源八作詞、四世杵屋六三郎作曲
 ◎文政九年(1826)九月、江戸中村座
 *『歌えすがえす余波大津絵【かえすがえす おなごりおおつえ】』という五変化舞踊のうちのひとつ。
 **初演時の内容は「藤娘→座頭」(間に子役の「弁慶・猿・福禄寿」の踊りを挟んで)「天神→船頭→奴(船頭と奴が逆との説もあり)」で、役柄はすべて「大津絵」の画題から。
         ↓ 
 ◎安政元年(1854)七月、江戸中村座
 *三代目中村仲蔵(当時中村鶴蔵)が『連方便茲大津絵【つれをたより ここにおおつえ】』の中で、端唄の「潮来【いたこ】」を足し演出も変えて踊り大当たりをとる。
         ↓ 
 ◎昭和十二年(1937)三月、歌舞伎座
 *六代目尾上菊五郎が仲蔵以来定着していた「潮来」の代わりに、劇作家・岡鬼太郎の書き下ろした「藤音頭」を使い、美術も大幅に変更。「大津絵の藤娘」ではなく「松にからむ藤の精」という新解釈で踊り評判になる。それ以来、この時の演出が繰り返される。



◆主要キャラクター◆

藤の精【ふじのせい】
 松の古木に絡みついた藤の花に宿る精霊。人間の娘の姿を借りて松を口説く。





◆解説◆
歌と踊りで物語を表現する《舞踊》。

◆男狂いの藤娘?

 『藤娘』とは近江国(滋賀県)大津発祥の戯れ絵(元々は仏画)として有名な「大津絵」の画題のひとつで、「藤かつぎ娘」と呼ばれることもあります。
 これは元禄時代(1688~1703)に、京の金持ちの女性や遊女の間で“派手に着飾って近郊の寺社などに物見遊山に出かけ、その豪華さを競い合ったり(いい男を探したり)する遊び”が流行したのを風刺したものといわれますが、振袖の片肌を脱いで藤の枝をかたげた絵姿は《能》から来ているようです。

 《能》には、神憑りの真似事を生業とする「狂女」と呼ばれる渡り巫女を主役にした《狂女物》というジャンルがあり、その「狂女」の衣装が唐織を肩脱ぎにし、手に笹を持つというもの。大津絵の「藤娘」の格好とそっくりです。
 つまりこれは色狂い恋狂いが目的の享楽的な女たちを「狂女」に見立てた大津絵職人のきつい冗談なのです。




◆「大津絵」といえば

 「大津絵」が登場する有名な物語に、宝永五年(1708)の人形浄瑠璃作品『傾城反魂香【けいせいはんごんこう】』があります。
 後に歌舞伎に移されて現在でも人気の高いこの作品には、「大津絵」の創始者といわれる吃音の絵師・浮世又平(通称・吃又【どもまた】)が登場します。

 物語の後半に、彼の描いた「大津絵」が次々と実体化して悪者を翻弄するという見せ場(現在ではカット)があるのですが、これを《変化舞踊》へと書き変えて上演したのが『藤娘』を含む『歌えすがえす余波大津絵』なのです。
 *ちなみに「創始者=又平説」は作者の近松門左衛門が作り上げた嘘っぱちだそうです。たくさんの人が見事に騙されました。モンモン先生、相変わらず絶好調ですね。



続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

一口大歌舞伎 二口目《変化舞踊》





 近所から漏れ聞こえる大音量のテレビの声にも初夏の趣が感じられる季節となりました。皆様には益々ご清祥の御事とお慶び申し上げます。

さて、「けも座」では当月も先月に引き続き、『一口大歌舞伎【ひとくちだいかぶき】』を開催致すこととなりました。

 これは歌舞伎作品の中から短い演目を選んで「ひとくちサイズ」の簡単な解説をするとともに、その作品の中で使われている演出などを紹介して、作品だけでなく《歌舞伎》自体の理解も深めようという企画でございます。
 
 ふた口目はなんと二本立て。『藤娘【ふじむすめ】』『鳥羽絵【とばえ】』をお送り致します。

 一本目は藤の花の時期には遅れてしまいましたが長唄舞踊の『藤娘』です。
 いまさら説明不要の人気作品ですが、じっくりと歌詞を読む機会はなかなかないのではないかということで取り上げました。
 続く『鳥羽絵』は少しマイナーながら、鼠が人間の男を口説く姿が印象的な楽しい作品です。


 さてこの二作品、共通点が少なくともふたつあります。

 ひとつはどちらも「絵」がテーマだということ。
 『鳥羽絵』は題名になっているのでわかると思いますが、今では「藤の精」として愛される『藤娘』も元々は「大津絵」という近江国(滋賀県)大津の特産品に描かれた「遊女」でした。

 そしてふたつめの共通点は、両方とも《変化舞踊【へんげぶよう】》という舞踊短編集の中の一編として誕生したということです。





続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

けものはし

Author:けものはし
歌舞伎の新しい楽しみ方を模索するブログ
ただいま公開中!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。