スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥羽絵【とばえ】


★歌詞カード★

←左のCD帯をクリックすると歌詞カードが見られます。
*歌詞カードと併せて「簡易ガイド」もご利用ください!


◆主要キャラクター◆
*名前をクリックするとステータス画面が見られます。

升六【ますろく】
 とある商家に勤める飯炊きの下男。
 夜、台所で気持ちよく寝ていたところを鼠に起こされ、捕まえようと意気込む。
ねずみ
 本作のヒロイン。升六に対し密かな恋心を抱く、ちょっぴりおませな子鼠。



◆初演データ◆

 ◎二世桜田治助作詞、清沢万吉作曲
 ◎文政二年(1819)九月、江戸中村座
 *『御名残押絵交張【おんなごり おしえのまぜばり】』という九変化舞踊のうちのひとつ。
 **初演時の内容は「天人、狂乱、黒ん坊、知盛、梓巫女、鳥羽絵、関羽、傾城、玉藻の前」(順序不明。「女伊達」を加えた十変化ともいわれる)。



◆解説◆
歌と踊りで物語を表現する《舞踊》。

◆「鳥羽絵」とは?

 日本の漫画の元祖ともいわれる「鳥獣戯画」の作者・鳥羽僧正が名前の由来とされる漫画的絵画様式が「鳥羽絵」です。宝永(1704~1709)頃に上方(京阪)で肉筆画として誕生しました。
 足が異様に長く目の小さい半裸の人物たちが大口を開けて笑いながら様々なことに挑戦する姿を通して世相を描いたもので、一見グロテスクにも見える過度な誇張を施された人物たちの無邪気な仕草や表情は、見ているうちにじわじわと笑いが込み上げてくる不思議な可笑し味に溢れています。
 やがてそれを模写した本が出版されて何度かブームを巻き起こし、文化文政期(1804~1830)にも復活して持てはやされました。それを受けて作られたのが舞踊の『鳥羽絵』だったのです。

 といっても直接的に元ネタとなったのは「鳥羽絵」そのものというより、それを流行に先駆けて取り入れていた山東京伝の『絵兄弟』という滑稽本です。
 寛政六年(1794)に刊行されたこの本は、似てる構図の絵を見開きに二つ並べて兄弟とし、絵は似てるのに意味がかけ離れていることを楽しもうという「絵の地口遊び」を集めた作品。

 この中で、“羽根を生やして飛んで行く摺古木【すりこぎ】を長い竹竿で追い立てる腰巻ひとつの男”という「鳥羽絵」お馴染みの図が、“初鰹を盗んで逃げていくトンビを追いかける奴【やっこ】”を描いた「初松魚【はつがつお】」という図と対になって使用されています。
*この「初松魚【はつがつお】」の方が先に舞踊化されていて、現在も『鳶奴』として残っています。




◆初演は裸で踊った?

 九つの小品舞踊を連続して踊る《変化舞踊》の中の一つとして書かれた『鳥羽絵』。
 踊った順番ははっきりしませんが、初演の台本にあたったという古井戸秀夫氏の『新板 舞踊手帳(新書館)』によると、

「平知盛から梓巫女に引き抜き、さらに引き抜いて『鳥羽絵』になったのでほとんど全裸に近く、緋縮緬の褌ひとつになって踊った(『鳥羽絵』の内容紹介から一部を要約)」

ということです。


 「梓巫女」というのは「歩き巫女」と呼ばれる渡りの巫女さんの一種。
 その「歩き巫女」の本場は信濃(長野県)らしいのですが、実は『鳥羽絵』の主役にあたる男も「信濃者」と呼ばれる信濃からの出稼ぎ労働者なのです。つまり信濃というキーワードで繋がっているわけですね。

 今では『鳥羽絵』の男は半襦袢に半股引という扮装に落ち着いていますが、初演の時の褌ひとつという出で立ちにも《変化舞踊》ならではの理由があり、工夫が凝らされています。
 



◆ネズミ効果でハートをキャッチ!

 『鳥羽絵』にはぬいぐるみの鼠が登場します。遊園地やなんとか江戸村なんかで見るような人の入った被り物です。
 歌舞伎には意外とこのぬいぐるみの出てくる演目が多く、狐や犬、虎や蛸などが登場して初めて観る人の先入観を楽しく打ち壊してくれるのですが、『鳥羽絵』に出てくる鼠はその中でも特殊です。
 子役が演じる場合、鼠の首に開いた穴から中の人の顔が丸出しなのです。まるでそこだけ(贅沢すぎる)幼稚園のお遊戯会。

 これには子供の愛らしさを利用して作品の滑稽味を補う目的があるのでしょうが、他にもう一つ、世襲制が主な歌舞伎ならではの“親子共演を盛り上げる”という効果があります。
 下男と鼠という芝居上の立場に、演じる役者とその子供(または孫など)という現実の関係を重ねて見ることになり、なおかつそれが観劇の邪魔になるどころか歌舞伎の楽しみのひとつに数えられるのですから面白いものです。

 もちろん大人の役者が鼠を演じる場合もあります(この場合、顔は見えません)。
 子供が演じるのに比べるとインパクトは弱まりますが、鼠が女性になりきって下男をかき口説く場面などは子役には出せない色っぽさを備えるのでこちらの方が見応えがあるでしょう。


 最後は下男が鼠を踏まえて終わるのですが、これは『伽羅先代萩【めいぼくせんだいはぎ】』という有名な作品のパロディです。
 逆に鼠が下男を踏んで終わる型もあり、こちらは六代目尾上菊五郎が子年に演じた際に「干支の鼠に花を持たせてやろう」と立場を逆にしたのが始まりだといわれます。なんとも気の利いたお茶目ですね。
 子役が顔を出して鼠を演じる場合は後者の方が見栄えが良く、盛り上がるのではないでしょうか。
*初演の時はまた別のやり方で、逃げる下男を鼠が追いかけて終わったようです。




◆予備知識◆

飯つぎ【めしつぎ】
 飯を入れておく器。飯びつ。おはち。
枡落し【ますおとし】
 鼠を捕る仕掛けの一種。憎さが「増す」とかけてある。
南無三【なむさん】
 驚いたときや失敗したときに発する言葉。仏・法・僧の三宝【さんぽう】に呼びかけて仏の助けを願う「南無三宝」から。

アヽラ怪し
 『伽羅先代萩』の登場人物・荒獅子男之助【あらじし おとこのすけ】が、敵の化けた大鼠を踏みつけながら言う台詞。
いでや
 いざ。さあさあ。
あったらもの
 惜しいもの。勿体ないこと。「あたらもの」の転。

差し付け【さしつけ】
 だしぬけに、いきなり、不躾、直接。
膳棚【ぜんだな】
 食器棚のこと。
木枕【きまくら/こまくら】
 木でつくった枕。
胴欲【どうよく】
 薄情。
託つ【かこつ】
 愚痴をいう。

悪洒落【わるじゃれ】
 たちの悪い冗談。わるふざけ。
かねびら 
 金銭。「金片」と書く。
行き過ぎ
 通人ぶって嫌味なこと。でしゃばり。
正月屋【しょうがつや】
 汁粉、雑煮などを売った行商人。
割竹【わりだけ】
 竹の先端細かく割ったもの。火の用心を呼びかけて歩く時に鉄棒とともに用いた。
四ツ手駕籠【よつでかご】
 吉原通いの遊客がよく利用した粗末な駕籠。
空寝入り【そらねいり】
 寝たふり。たぬき寝入り。
地口【じぐち】
 有名な語句に音の似た別の語を当てはめて意味を変える言葉遊び。ここでは「お前の御無理はごもっとも」の「お前」を「鳥羽絵」にした。
 地口を言うことを「地口る【じぐる】」という。



(予定上演時間 約15分)
*『鳥羽絵』のあらすじ紹介は、冒頭の「簡易ガイド」にかえさせていただきます。

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けものはし

Author:けものはし
歌舞伎の新しい楽しみ方を模索するブログ
ただいま公開中!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。