スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廓文章【くるわぶんしょう】

★ダイレクト移動★
*イラストやゲーム画面で楽しくわかる!
 →主要キャラクター
 →あらすじ


◆初演データ◆

 ◎作者不詳
 ◎寛政五(1793)年五月、大坂大西芝居とされる
 *正徳二(1712)年に書かれた近松門左衛門の『夕霧阿波鳴門』という人形浄瑠璃の前半部分が原作。
 **歌舞伎では文化五(1808)年十月、江戸中村座が初演。




◆解説◆

人形浄瑠璃(文楽)用に書かれ、後に歌舞伎へと移植された《丸本もの(義太夫狂言)》。

 『廓文章』は上方芸の特徴がたいへん解りやすい形で凝縮された演目です。

 元禄期(1688~1704)の上方歌舞伎では傾城・夕霧を題材とした作品が多く作られました。
 才色兼備とうたわれ一世を風靡した夕霧は当時実在した大阪の人気傾城でしたが、延宝六(1678)年に二十七歳で亡くなります。

 それを受けてその翌月に書かれた『夕霧名残の正月』という芝居が大当たり。
 特に夕霧の愛人・伊左衛門に扮した売り出し中の役者・坂田藤十郎(当時32歳)の演技が大好評でした。



 それが筋を変えて上演され続け「夕霧もの」というジャンルで語られるまでになるのですが、『廓文章』の元となったのは正徳二(1712)年に夕霧の三十五回忌追善として上演された人形浄瑠璃『夕霧阿波鳴門』です。
 作者は浄瑠璃の新時代を切り拓いたといわれる近松門左衛門(通称モンモン)。
 この『~阿波鳴門』にはそれまでの夕霧ものにはなかった別の思惑が隠されていたといわれます。
 それは宝永六(1709)年に他界した坂田藤十郎の追善です。

 浄瑠璃作者として有名な近松ですが一時期は歌舞伎も手がけていて、その時の最大の理解者であり協力者が藤十郎でした。
 近松は夕霧ものと共にあった藤十郎の舞台姿を『~阿波鳴門』という浄瑠璃作品の中で人形を使って再現しようとしたのです。



 そんな、夕霧ものの集大成ともいうべき『~阿波鳴門』から藤十郎の芸が最も表れた場面を抜き出して強引にまとめたものが『廓文章』ですから、これはもう時代が変わっても楽しめるように上方芸の魅力を濃縮還元した傑作と言っても大袈裟ではないでしょう。




続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

一條大蔵譚【いちじょうおおくらものがたり】

★ダイレクト移動★
*イラストやゲーム画面で楽しくわかる!
 →主要キャラクター
 →あらすじ


◆初演データ(鬼一法眼三略巻)◆

 ◎文耕堂、長谷川千四の合作
 ◎享保一六(1731)年九月十二日、大坂竹本座
 *歌舞伎では翌年の享保一七年、京都小六座が初演。
 **『一條大蔵譚』は『鬼一法眼三略巻』全五段のうち四段目にあたる。




◆解説◆

人形浄瑠璃(文楽)用に書かれ、後に歌舞伎へと移植された《丸本もの(義太夫狂言)》。

 『鬼一法眼三略巻』という作品の一部分を独立させた演目ですが、前後を知らなくても楽しめます。
「平家にうち滅ぼされた源氏の残党が、牛若丸を中心に一族再興のために奔走する」という本筋の流れだけ押さえておけば大丈夫。勧善懲悪なので何とかなります。



 主役は題名にあるとおり公家の一條大蔵卿です。
 彼は官職に就いているにも拘らず能狂言にうつつを抜かし、毎日を遊び暮らしているために筋金入りの阿呆と噂されていました。
 ところが彼には、源氏と平家に関する重大な秘密があったのです…。

 『一條大蔵譚』は、そんな大蔵卿が常盤御前といういわくつきの美女を妻にしたことをきっかけにして、彼の秘密が暴かれるまでを書いた物語です。



 常盤御前といえば源氏の頭領だった源義朝の愛妾で牛若丸の実母。夫の死後、何故か仇である平清盛の妾になった彼女にも何やら秘密がありそうですね。
 大きな見どころは、アホっぷりも含めた大蔵卿の複雑な演じ分けだといわれます。




続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

矢の根【やのね】

★ダイレクト移動★
*イラストやゲーム画面で楽しくわかる!
 →主要キャラクター
 →あらすじ


◆初演データ◆

 ◎村瀬源三郎
 ◎享保十四(1729)年正月、江戸中村座
 *『扇恵方曽我(すえひろえほうそが)』の一場面を抜き出したもの。
 **享保五年正月、江戸森田座『楪根元曽我(ゆずりはこんげんそが)』の中で演じられたのが最初という説もあり。




◆解説◆

歌舞伎のために書き下ろされた《純歌舞伎》。

 『矢の根』は、神田にある佐柄木(さえぎ)弥太郎という幕府御用の研物師の家で正月に行われていた矢の根研ぎの儀式(大どてらに縄だすきをし、炬燵やぐらに腰をかけて大きな矢を研ぐ真似をするというもの)を面白がった二代目市川團十郎(1688~1758)が、当時人気の高かった曽我兄弟の芝居に当て込んだ作品といわれます。

 歌舞伎の題材として人気の高い曽我兄弟は、幼くして亡くした父親の仇討ちに一生を捧げた鎌倉時代の若者で、思慮深く落ち着いた長男の十郎と気性の激しい次男・五郎のでこぼこコンビ(実は三男もいます)が協力して見事に仇を討つ、という解りやすさが仇討ち好きの江戸庶民にもてはやされたようです。
 『矢の根』の五郎は元服前の少年ですから、荒々しさと稚気が特徴の江戸前スタイル《荒事》と非常に相性が良く、團十郎の狙いは成功したといえましょう。



 おおらかな遊び心も《荒事》の特徴に挙げられますが、この作品ではこじつけのような言葉遊びが多用されていて、特に前半はそれだけで構成されているといってもいいくらいです。 

 正月の芝居らしくおせち料理を洒落のめした後で七福神の悪口を並べ立てるのですが、これも《荒事》の芸風のひとつで〈悪態〉という一種の邪気払いです。
 その時に〈大薩摩〉というBGM兼ナレーション担当の演奏者が五郎と掛け合い(問答)を繰り広げます。
 これは小説の登場人物が地の文と会話を交わすようなもので、とても特殊な演出です。
 しかもそれが終わると今度はその大薩摩の演奏者がそのまま舞台に降りて、五郎を"演じている役者のもとへ"年始の挨拶へ出向くというのだから驚かされます。(※残念ながら現在では挨拶に来る大薩摩を役者が演じるので面白みは半減しています)



 こういうノリは下手をすると観てる側が現実に引き戻されて鼻白むだけになってしまうのですが、その点『矢の根』は上手く扱っており嫌味がありません。
 言葉の意味がすべて理解できた江戸の見物客が、今よりずっと狭い芝居小屋でこの掛け合いを見る面白さというのは想像以上だったのではないでしょうか。


 後半になると今度は《荒事》の特徴的な動きが次々と披露されます。
 〈見得〉と呼ばれる決めポーズや、型を重視した独特の〈立ち回り〉など、基本を押さえた見本市のよう。


 このように『矢の根』は長い年月をかけて洗練されたおかげで、短く単純な小品でありながら江戸前の歌舞伎スタイル《荒事》の特徴を詰め込んだ贅沢な演目なのです。




続きを読む

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

けものはし

Author:けものはし
歌舞伎の新しい楽しみ方を模索するブログ
ただいま公開中!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。